お金の使い方の比率

もう何度も繰り返し読んでる、「年収200万円からの貯金生活宣言」という本があります。
著書がFP、ファイナンシャル・プランナーで、家計再生を得意とする人です。
その本の中に、お金の使い方の理想的な比率が書かれています。

まず、お金の使い方には3つの種類があるそうです。
1つめが、消費。普段の食事とか、光熱費とか、通信費とか、交通費とか、住居費とかがこれに当たるようです。
生産性はあまりないですが、生きていくために確実に必要な分野です。
2つめが、浪費。度をすぎた飲酒、タバコ、ギャンブル、投機性の強い投資、宝くじ、などがこれにあたります。
そして、3つめが、投資。堅実な株式投資などに限らず、読書、交流関係を広める飲み会、健康維持のための
スポーツジム通いなど、自分の将来のためになるお金の使い方です。

この3つの、消費、浪費、投資、これらのバランスが、70 5 25 位に収まるととてもいいそうです。
貯金のない家計では、消費と浪費だけで100になってしまい、投資が0だったりするケースがとても
多いようです。まず、浪費を減らして、そして、消費の一部も減らして、余った分を、将来のための投資に回す、
そうすることで、理想的なお金の使い方へとなっていくそうです。
ちなみに自分は、60 10 30 くらいの比率です。

This entry was posted in 旅先からの投稿一覧. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>