動植物と人間

今日は寒さが厳しく退職者の小生は日がなテレビを見て過ごしています。私は動物物が大好きでアジマルプラネットなるチャンネルを良く見ます。自然界でおきている色々な出来事を垣間見るとき、新たな発見が出来てとても新鮮な感動を覚えます。

人間がいかにも頂点にたって一番であると考えている事が思い上がりで、他の生物の賢さをまのあたりにする度、思い上がりを感じます。今もちょうど海に生きる生物の生態が紹介されています。

深海の世界は宇宙より謎が解き明かされていないそうですが、陸上に暮らす我々にとって魅力的な世界である事に違いありません。人気のあるイルカも捕食動物の一員であって主食であるいわしを集団で狩る姿に見とれます。

水族館で見る姿からは想像も出来ない彼らの生き様は、自然界で生きる術を生まれながら持っているのだからと簡単に割り切るのではなく、長い歴史を経たうえに授かった本能である事を認識しなければなるません。人は高度な脳を持っていますが、幼少の頃人生の先輩からそれまでに解明された事柄の教えを受け、自分なりに応用展開をしています。

この部分が他の生物と大きく異なっていて発展に寄与する物と考えます。地球上の動植物のリーダーとして、恥じる行動はしない様にしたいですね。

This entry was posted in 旅先からの投稿一覧. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>