米ぬかはすごい

昨年、区の清掃リサイクル課主催の講習会に参加して以来、我が家ではずーっと段ボール・コンポストを採用しています。

もみ殻くん炭とピートモスを混ぜて入れたビニール袋の中に、水を切った生ゴミを入れて、かき混ぜるだけというお手軽な生ごみ処理です。

この段ボール・コンポストの普及に力を入れている区の清掃リサイクル課は、今年も講習会を開くことにしていて、私も経験者としてその講習会に参加する予定だったのですが、諸事情により中止になりました。
でも実はちょっと中止になってよかった…と思っていました。なぜなら、寒い冬の間、コンポストの発酵の進み具合が滞っていて、”成功している経験者です”と胸を張って言えないような状態だったからです。

発酵が進むと、コンポスト内の温度が上がりますが、我が家のコンポストは冬からずーっと冷え切ったまま。それでも少しずつは分解されるので投入する量を減らしながらも、生ゴミは処理し続けていました。

ところが、先日、自宅で精米をしている友人から大量に米ぬかを分けていただいたので、それを投入してみたところ、今朝になったらコンポスト内の温度が急上昇。やった~!
講習会で、微生物の元気がなくなってきたと思ったら、米ぬかを入れましょうと習っていましたがここまでとは。

This entry was posted in 旅先からの投稿一覧. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>